FC2ブログ

石川県議会議員・室谷ひろゆき

石川県議会議員・室谷ひろゆきの日記です。

先日の市民説明会で出された質問でその場で答えられなかった

数値、後日お知らせしますと回答していたので

この場でも書いておきます

来ていただいた人で、名前のわかる人には

直接知らせられますが、知らない方もいましたので

一応いろんなとこで知らせていきますね

まず、現在、市内で年間廃食油回収に

市民の皆様が協力して出してくださっている量は

8600ℓです

ということは

加賀市の世帯規模、日々の暮らし、食事での市内食用油の使われ状況を

計算しますと

およそ加賀市では

年間4万9400ℓもが、廃食油として回収されていません

凝固剤で固めて燃えるごみとして出されていたり

台所で流して処理されています

これはよくよく考えてみますと

せっかく貴重な資源となりうる膨大な廃食油を

無駄に捨てているだけでなく

環境面からも

また、皆さんの家計の面からも大きなマイナスです

そもそも油を台所に流してはいけないということは

小学校のときに学んでいるはずなんですが

2009年に廃食用油回収アンケート調査を行ったとき

いまだにそのような処理をしている家庭があることがわかりました

台所にスプーン一杯の廃食用油を流すと

きれいな水に戻すには3,000ℓもの水が必要なんです

こども達の方がこのことは徹底しています

環境を守っていくためには

大人教育のほうがとても大切だとつくづく思います

環境に力を入れ始めている

この加賀市ですら

廃食用油として多くの市民が分別して出してくださっている量の

六倍もの量がいまだ燃えるごみとして処理されたり、また台所で流されている現実です

知らないのか、

知ろうとしないのか

みてみぬふりなのか

我々のちょっとした毎日の行いが

皆さんのかわいい子どもたちの住む未来をきずつけ続けています

みなさん、ほんのすこし、みらいのために行動しませんか

できることはしていきましょうよ
2011.06.29 11:19 | 政治 | トラックバック(-) | コメント(-) |