石川県議会議員・室谷ひろゆき

石川県議会議員・室谷ひろゆきの日記です。

昨晩からの雨は、今はやんでいる

が、風がかなり強い

今日まで、10日間の全国交通安全運動街頭交通指導の間

朝の雨はなかったが、今朝は降りそうだ

ならば、今朝は、なおさら気をつけなければならない

特に、今日の最終日は

推進隊の方々や教師の方々だけでなく

市関係者、職員も含めてほとんどが出勤前に各自

自宅近所で街頭指導する

ただ、立っているだけでなく

街頭指導する方々は、元気に

こどもたちに「おはよう」のあいさつをし

まちじゅうにあいさつをこだまさせよう

さて、私の担当は、従来、ずっと中学校付近の交差点だったので

対象は、中学生だった

中学生の中には、こども会や祭りで知っている子が大勢いるので

話しかけてくる子が多かったが

その反面、あいさつをかえさない子やこの道では、自転車通学の子が

多く通るので、危ない運転をしている子

始業ぎりぎりで来る子などがめだっていた

しかし、数年前に、新市長の自宅がその交差点の目の前だから

私の担当は、小学校近くの交差点に変わってからは

まるっきり趣きを異にしている

今度は、対象が小学生になったわけだが

小学生は、みんな元気にあいさつするし、信号もきちんと守る

が、私の担当している小学校はマンモス校であることも関係しているのか

ちかくまで、こどもを車で送ってきている親が目立つ

毎日、こんなことをしていては、こどもにとってよくない

親は、みえないように、少しはなれておろしているのだが

蝶よ花よと育てられたこどもたちを親が一生その子の面倒を

見れるわけではない

こどものことを考えたら、やめるべきだとおもう

指摘しようにも、はなれたところでおろして

ぴゅーといってしまう

すこし、低学年には歩くのに遠いかなという子もいることはいるが

地区によっては、高学年と一緒に登校しているではないか

おかあさん、かわいいこにはたびをさせよです

せめて、毎朝、自分の足で学校までの毎日の小旅行

自分の足で、たびをさせる習慣をつけとくことが

かわいいわが子のためだとおもいます

学校まで歩いていけば、その道すがら友達と会って話もするし

おとなともあいさつをかわします

そして、なによりからだにとってもいいし

街中を歩いて登校すれば、さまざまな発見ふれあいがあるんです

どうか、そろそろ少しずつ自立させてみませんか
2011.09.30 03:59 | 政治 | トラックバック(-) | コメント(-) |