石川県議会議員・室谷ひろゆき

石川県議会議員・室谷ひろゆきの日記です。

本日の委員会にて、北陸新幹線について協議があった

平成24年度は、加賀市の予算措置は20万円

北陸新幹線建設促進加賀市民会議への負担金として使われる

さて、今後の県の動きはどうなっていくのだろうか

4/1付で、県に「用地対策室」が設置されるようです

そこに、加賀市からは、職員を1人派遣することになった

では、金沢から敦賀まで、北陸新幹線がくることになった場合

いくらぐらい事業費がかかり、加賀市はどれぐらい負担しなければ

ならないのだろうか

路線の長さは113km

県の試算によると、総事業費は1兆1300億円となる予定だ

そのうち、国が2/3を負担

     県が1/3を負担する

そして、県の負担分のうち、加賀市は加賀温泉駅部及び周辺の用途地域の

指定を受けた地域について、地元が便益を受けるエリアとして、

県負担分の1/10を負担することになる

つまり、4億3000万円くらいを加賀市は負担しなければならないことになるようだ
2012.03.27 12:55 | 政治 | トラックバック(-) | コメント(-) |