石川県議会議員・室谷ひろゆき

石川県議会議員・室谷ひろゆきの日記です。

本日、第一回加賀市統合新病院建設計画検証委員会が開催されました

五人の検証委員の中から

北川 正恭さんが委員長に、伊関 友伸さんが副委員長に選ばれ

検証の目的を、統合新病院建設計画において「健全な病院経営が成り立つのかを

疑問視する市民の声にこたえるため」としてはじまりました

本日は、まず、現状の把握として

統合することに至った経緯についての説明が市事務局からあり

次に、県の地域医療再生計画についての説明

救急搬送の状況

建設計画

財源構成について一通り説明後、質疑応答がおこなわれました

主な質疑は

統合によって、身分の違う公務員と民間という異分子が一緒になるが
各医局や職員に反対や異論はなかったのか

民営ではだめだったのか

住民説明が不足していなかったのか

立地場所についてーなぜ、高額な駅前の土地を買ってなのか

「健全な経営」をどのようにして成り立つのかを累計的にあらわすことが必要ではないか

市民の立場に立ったとき、どういう風になるのか全体像が見えてこない

建設中止になった場合、既存場所での建て替えやメンテナンスにかかる費用は

救急搬送の三分の一が市外搬送になっていることについて

実質負担額(利子を含めて)122億8300万円を30年で、しっかり払い続けていけるのか

122億は、初期投資であり、その後の補修計画など(長期修繕計画)の収支計画はどうなっているのか

などの質問が出され、その場で答えられることについてはその場での解答

また、時間のかかるものについては、来月の第二回に資料提出後、議論となります

本日の検証会は、課題抽出的要素が強かったです

今後の予定ですが

第二回目は、1/24 議題は建設計画の前提条件

第三回目は、2/2に、「市民の意見を聴く会」をおこなうそうです

一般市民30人、医療関係者4人が一人あたり3分の持ち時間で検証委員会で
意見を述べます

発言希望者は、1/20までに市の病院建設計画検証委員会に郵送、持参、ファックス

メールで、申し込みとなります(応募多数の場合は、抽選)

今後、市のホームページや広報かが一月号、また、各新聞記事で詳細が発表されます

第四回目は、二月になります 議題 ライフサイクルコストについて

第五回目 議題 病院経営のシミュレーションについて 

を行い、その後、答申(検証報告書)をとりまとめ、市長に答申となるそうです
2013.12.25 12:49 | 政治 | トラックバック(-) | コメント(-) |